@eaglesakura です。

さて、だいぶ時間が経ってしまいましたが、Smart Action Camの開発は継続しています。数度のサイクリングを経て、だいぶ実用的なレベルに近づいてきました。

@kassy_kzから指摘があり、"ActionCam"の名称を使い続けるのは色んな意味でリスクがあるので、新たに"AndRiders Camera(ARC)"という名称で開発を続行することとなりました。

今回はARC ver 2.1を紹介します。

ARCとは端的にいうと、「余ったスマートフォンをロードバイクに取り付けてスポーツカメラ化する」というアプリです。

ver 1.x系は前回の記事の通り、いろいろと問題があるシロモノでした。特に、ロードバイクの振動によるカメラユニット(つまりスマートフォン)の脱落リスクは看過できるものではありません。お値段が高いからね!

 そこで、ハードウェアを自作することでこの問題を解決することにしました。

用意するのは、手芸品店で販売されている、粘着シールタイプのマジックテープと縫い付けタイプのマジックテープの2種類です。 

粘着シールタイプのマジックテープをスマホカバーにとスマホホルダーにそれぞれ貼り付け、縫い付けタイプのマジックテープで固定します。四つ角を固定すれば、十分な拘束力があり、300kmほど走った今現在でも脱落しそうな気配はありません。


20150104_13531120150104_135324
 
これで車体に固定すると、こんなかんじの見た目になります。マジックテープの色とスマホホルダーの色とスマホケースの色が全て黒で統一されているため、遠目にはマジックテープでがんじがらめにしているようには(多分)見えないのでは無いでしょうか。

筆者の場合、スマホケース自体の破断リスクに備えて、マジックテープのバンドでスマホホルダー本体を ハンドルに追加固定しています。

工作費用はスマホホルダー約2000円、スマホケース約300円、マジックテープ約500円で、3000円以内には収まる感じです。裁縫用のマジックテープは粘着力が高く、かつ様々なサイズが用意されているため、工作に向いていますね。

IMG_20141230_111506
 
ちなみにこのARC ver 2.1とXperia GXの組み合わせの場合、写真を約2000枚撮影することができます。30秒インターバルであれば丸一日撮影し続けることが出来るため、ロングライドの思い出を残すのに一役買っています。

ARCで撮影した写真を動画化したのが、このyoutube動画です。

    

それぞれ丸一日のロングライドを30秒インターバルで撮影し、GPS座標も同時に記録しています。全ての撮影で、バッテリーは50%以上残りましたので、予備の電池は全く必要ありません。

残念ながら、前回の動画で問題となったコンニャク現象については解決出来ません。これはカメラハードウェアに依存するので、よりシャッタースピードの早いスマホ(概ね、新しいスマホ)を探し続けるしかありませんね。

また、以前と比べてピンぼけリスクが減るようにプログラムの改善も行っています。今回の場合、5回程度はピント合わせのリトライを行うよう調整をしています。

ARC ver 2.1はほぼ満足行く検証結果となっていますが、これからもより楽しいロングライドの足跡を残せるアプリを目指して改善を進める予定です。

@kassy_kz です。

Android Bazaar and Conference 2014 winter (通称ABC)に Andriders が
バザール参加してきましたのでその報告をさせていただきます。
 

ABCにバザール参加するのは初めてでしたが、
前回のコミティア参加と同じ要領でいけるだろうと甘い見込みで
参加計画を立て、申し込みをしました。


コミティアで頒布した「Andriders0x01」も50部刷って持って行きました。
(500円で頒布してました)

IMG_6815

コミティアの時よりも広い幅240cmのスペースをお貸しいただけたので
自転車の配置も余裕で広々と展示することが出来ました。
黒いテーブルクロスを敷いてシックに展示するのがAndriders流。(というかkassy_kz流)
おとなりの「つくる女」様との明度差、彩度差が際立ちます。



 B5WZynyCcAE1Z64

コクピット周りはARC(Andriders Cam)の追加で前回よりも更にゴテゴテしたものに。
 スマホ3台にアクションカムをマウントです。
「こんな装備で走るんですか?」と一部心配の声をいただきましたが、
実際にこれ全部装着して走ることは難しいですね... ^^;




B5XWGHYCAAASHuz

おかげさまで同人誌は50部完売しました。
最初はなかなか減らなくてやきもきしましたが、

丁寧に説明して最後に宣伝という形でアピールするようにしたところ
結構な割合で買って頂けるようになりました...
おおおおお押し売りちゃうわ!

ブースに足を運んでくださったかた、同人誌を購入してくださった方、
本当にありがとうございました。



次回は2015年5月のコミティアにAndriders0x02と共に出ようかと画策中です。
よろしくお願いします。
 

@eaglesakura です。

この頃Action CamやGo Proといった「ロードバイク乗りながら撮影」っていう機器がいっぱい出てますね。
スポーツカメラで撮影した迫力いっぱいの映像はyoutube等でいっぱいシェアされていますし、自分もそういうのを見ると撮影したくなるわけです。

個人的にはAction Camが欲しいのですが、なんでもかんでも買うのは資金的に難しいので、実験的に自分で造ってみることにしました。

今回使用したのは、Xperia GXというスマホです。この機種は1200万画素のカメラを備えていて、私が所有しているスマホの中では一番画素数が高いです(画素数と画質は比例しませんが。。。)
なおかつ、Android 4.1搭載であるため、アプリの開発がそれなりに容易に行えるという特徴があります。

これをロードバイクに括りつけ、定期的に撮影を行うアプリを開発&稼働させてAction Camの代わりにしようという作戦です。Smart PhoneなAction Camなので、Smart Action Cam(SAC)と名づけています。 

外観はこんなかんじです。

IMG_20140928_112305


このSmart Action Cam、ミノウラのスマホマウンタを前面に向けて、カメラを表に出しただけの単純なものです。工作費用は2500円くらい(ほとんどマウンタ代金)。さらに、あんどらいだぁすのエーススプリンター(自称)の@kassy_kzのようなことにしないため、そのへんに余っていたバンドでマウンタ上下を固定しています。更に取付中の落下事故の防止策として、スマホ用のプロテクターも装備しています。

スマホをスポーツカメラとして使用する場合の問題点として、まずセンサーそのものの特性があります。スマホのセンサーは「上から順番にセンサー内容を保存する」ため、動体を撮影すると、カイジのごとく「ぐにゃぁ」と歪む現象が発生します。これは「コンニャク現象」で検索するといっぱいヒットします。

わかりやすい例だとこんな感じで、写真左の標識の根本や写真奥の鉄塔がぐにゃっと曲がっています。センサーが稼働中にロードバイクが傾くと、こんな感じに曲がってしまうのは回避できません。

 
FUD-00076

これはCMOSセンサーの特性によるもので、ソニーのAction Camでも回避は出来ません。Action Camでも回避できないので、もうこの点については諦めました。

撮影するためのアプリは、現在開発中のAndriders Central Engineを使用しています。Smart Action Camのための新機能として、"タイマーコマンド"に対応を行っています。タイマーコマンドはその名の通り、「事前に指定したインターバルで、事前に指定したコマンドを実行する」というものです。

この場合、事前に指定したコマンドとは「Xperiaのカメラで撮影する」、というものです。初回実験となる今回は、0.5min=30秒間隔で撮影を行いました。

このSmart Action Camのカメラ機能は、せっかくSmartなAction Camなので独自のEXIF情報として撮影時点での「心拍」とか「ケイデンス」とか「速度」とかも一緒に埋め込んでます。

device-2014-10-17-001218device-2014-10-17-001246


そして出来た画像をつなぎあわせたものがコレです。 近所の手賀沼サイクリングロードを走っています。ちなみに途中で青空が映ったり椅子が映ったりしているのは、マウンタのメンテのため一旦停車したからです。


 

今回の実験で、大きく2つの問題点が浮かび上がりました。
  • Xperiaの筐体が振動で落ちそうになる
  • 焦点がたまに合わない 
特に「振動で落ちそうになる」というのが非常にヤバイです。どのくらいヤバイかといえば、THE クラッシュ掲載不可避な感じでヤバイですね。時速30km以上でスマホを落下させたらそりゃ考えるまでもなくアレですね。

次回はコレをどう改善するかという点がメインになります。 

↑このページのトップヘ