@eaglesakuraです。

Andriders独自のサイクルコンピューターアプリ・Andriders Central Engine(ACE) のver 1.2をGoogle Playにて公開しました。

去年の12月にver 1.0を公開してから約2ヶ月ぶりの更新で、かなりいろいろな部分に手が入っています。

新機能1:チーム連携機能

最も大きな機能強化が、チーム走行を意識した機能です。峠などを走行中や強風時は、どうしても個々人のペースにバラつきが生じてしまいます(Andridersが初心者中心だというのもありますが・・・) 。

そこでACEはAndroid端末で動作している(ネットワークに接続可能)であることを活かして、最大8人のデータをリアルタイムで共有できるようになりました。また、SDK(ver 0.4.x以降)を利用すればその他のアプリでもチームメンバーの状況を読み取ることが出来ます。チーム走行はメインメニューの「その他」→「走行チームを新規作成」もしくは「招待を確認」で開始することが出来ます。

共有できる情報の一例:
・位置
・心拍
・ケイデンス
・速度

チーム走行開始後、「チームコネクション」を開くと全員の位置やステータスを閲覧することが出来ます。
Screenshot_2015-03-03-19-42-06

データビューにはチームメンバーの簡易情報を表示します。
team-2


新機能2:日照時間チェック機能

秋冬の短い日照時間のライドでは、日照時間も重要になります。特に私は暗い夜道をなるべく走りたくないので、コースやペースは「日が暮れる前におわる」を基本にしています。ですがライド中は強風等の影響でペースが上がらなかったり、寄り道や休憩で予想より時間を使ってしまうこともあります。

そんな時、「ちゃんと日暮れ前に帰れるか」の目安を常にチェックできるよう、サイクルコンピューターに「日暮れまでの残り時間」、日暮れ後(日の出前)は「日の出までの残り時間」を表示する機能を追加しました。日没・日の出時刻はGPS座標に基づいて取得・表示されます。

新機能3:コンビニ情報チェック機能

ロングライド中、「近場に休憩・補給出来る場所があるか」は死活問題となりえます。特に田舎では「次のコンビニで休憩(補給)しよう」と思ってから10キロ以上走らされるのはザラです。冬場はともかく、夏場でドリンクを切らしてしまったらそれこそ大変な目に遭います。

そこで、近場のコンビニや公園等の情報を自動収集し、直近の休憩スポットの情報を表示する機能を実装しました。

日照時間・コンビニ情報はメインメニューの「サイクルコンピュータ」から、表示構成を編集することで表示が可能です。今までどおり画面上にオーバーレイ表示できるので、他のアプリと組み合わせることも簡単に出来ます。

Runtasticと組み合わせた例
conbini




新機能4:スピードコマンド機能
新機能5:距離コマンド機能

「特定条件を満たすと、事前に設定した動作を行う」というコマンド機能がACEの大きな特長です。その条件に、「速度」と「距離」を追加しました。例えば「最高速度を塗り替えたら動画を録画開始する」であったり、「10km走る毎に自動的にTwitterに投稿する」という処理を簡単に行うことが出来ます。

新機能6:GPXファイルエクスポート機能 

私はACEとRuntasticを同時に利用することが多いですが、Runtasticはたまにアプリが不正終了してしまい、正確にセッションを保存できない場合があります。そこで、ACEが溜め込んでいるログをGPXファイルとしてエクスポート出来るようにしました。

GPXファイルはRuntasticのサイトからインポートを行うことができるため、万一Runtasticの情報が欠落してしまっても情報をある程度復元することが出来ます。

新機能7:称号機能
これはオマケですが、アプリの使用状況に応じて称号を取得できるようになりました。

Screenshot_2015-02-24-23-06-42


Andriders Central Engineはこれからも「コレがあったら便利じゃね?」と思う機能を好き放題に実装していく予定です。技術的なまとめについてはコミティアで頒布予定のAndriders 0x02に掲載予定です。 

@kassy_kz です。この度、ルートラボビューワというAndroidアプリを開発し
Google playで公開しましたのでその報告をさせていただきます。

56



開発の経緯

自転車乗りの間でサイクリングのルート計画を立てるためのサービスとして
ルートラボ がよく知られており、ほぼデファクトとなっています。

ろんぐらいだぁすのコース紹介などもこのサービスを介して行われています。
2点を選ぶと、道路を介してよしなに結んでくれたり、道中の高度変化も教えてくれることが魅力のサービスです。ルートラボで作成したコースを自転車で走りたい方はとても多いのではないかと思います。



ところがルートラボはモバイル版サイトで現在地の追従に対応しておらず、ルートラボで作成したコースに沿ってサイクリングをしたい場合にうまく案内してもらうことが出来ないという状況でしたのでスマートフォンでルートラボで作成したルート案内をしてくれるアプリを自分で作ろうと思ったのが開発のきっかけです。



機能と使い方紹介

起動後は下のような画面になりますのでルート検索で目的のコースを探してください。
ログインは必要ありません。

Screenshot_2015-01-25-18-01-55

目的のルートを表示したら画面下のダウンロードボタンを押して下さい。 ダウンロードが完了したら画面右上の「←」ボタンを押します。

Screenshot_2015-01-25-18-33-05



するとルートがGoogleMaps上に表示されます。
画面右下部の「現在地追従」スイッチをオンにすると、現在地を表示し続けます。

Screenshot_2015-01-23-19-45-18

表示ルートを変更したい場合はメニューから「ルートのダウンロード」を選んで再度ルートのダウンロードをしてください。

今後の予定

今後もバージョンアップを重ねて、自転車ライダーのロングライドをより便利にするアプリに進化させていきたいと考えています。とりあえず目下はAndriders Central Engine の近接コマンドに対応させる予定です。 機能のご要望、ご意見等ありましたら @kassy_kzまでご連絡をお願いします。

@eaglesakuraです

新年初のロングライドに、Andridersの4人で我孫子〜筑波山〜我孫子の約130kmライドしてきたのでそのレポートです。 

事前設定したコースはなるべく大通りを避けて堤防沿いや車の通りが少ない道を中心に走るものです。


 

時間があれば峠を登り、急いで帰還するつもりでした。

今回のメンバーは車体左から順に @luccafort、@eaglesakura、@kassy_kz、@inuchinです。もう一人参戦予定でしたが、体調不良のためこの日はおやすみでした。

IMG_20150110_091130
 
我孫子集合で、かっしーが多少遠いので集合時間は少し遅目に設定。出発したのは9:30です。

09-22-47
 
雲ひとつ無い青空のもと、順調に進んでいましたが、最初の小貝川の堤防沿いを北西に進むときに異変が起きます。途中までは順調だったのですが、追い風で@eaglesakuraが調子に乗ってしまい、ブレーキタイミングを誤って後続車だった和尚(@luccafort)が落車し、脚をつる事態に。

回復を兼ねて、少しだけ休憩をはさみました。写真は和尚の脚です。

10-25-54

その後も順調に走り、コンビニでの休憩後にまた問題が発生しました。

強烈な横風の煽りをうけて、マトモに進まなくなってきたのです。かなり必死になってペダリングしましたが、20km/hを出すのがやっとでした。

また、風に吹き飛ばされないように車体を画面左側に傾けています。

10-54-06
 
ちなみに、この日一番の超重装備だったかっしーはひときわ帆船みたいに装備品が風を受けて傾いた走行を強いられています。

さらには堤防の工事により、予定していたコースが走れないというトラブルも発生。写真奥に工事中の看板が見えます。

11-40-09

この時点で@eaglesakuraは空腹によりハンガーノック寸前です。補給食をもっと用意しとけばよかったと、非常に後悔していました。横風の中を全力走行したせいで、予想以上に体力を消耗してしまっています。

この時点での走行距離は約40km。昼食時間と復路の時間、さらに日没時間を考えると、みんなの頭に「ギブアップ」というキーワードが浮かんでいます。

あと、空腹がヤバかったです。空腹。

 そしてギブアップを受け入れて、下妻イオンへと逃げ込みました。なお、イオンの中では@kassy_kzがなぜか担いできたMac Book Airでコーディングを始めています。

11-54-11
 

なぜかMBAを持ち込み、ドヤ顔のかっしー氏。

IMG_20150110_130947
 

その後の復路は大したトラブルもなく、手賀沼の「満天の湯」で温泉と岩盤浴を楽しみ、一日の疲れを癒やしました。我孫子駅からは輪行で担いで帰るので、最後は塚田農場で反省会をして終了。

今度は130kmちゃんとリベンジしてやりたいですね。全行程のタイムラプス動画はyoutubeにアップしてあります。よかったら見てみてください。


 

↑このページのトップヘ